Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

目の健康

目の健康について

皆さまの目の健康にお役立てください

 

目の仕組み

目は視覚情報をとらえ、脳に伝える器官で、強膜(きょうまく)という硬い膜でおおわれた直径約24ミリの球形をしています。ここでは、目の組織とその役割、見える仕組みと屈折異常について説明します。

目の病気や症状

ほとんどの目の病気は、早く発見して、早く眼科を受診すれば、治したり、
改善させたり、病状の進行を止めたりできます。

白内障

白内障は、水晶体が白く濁ってくる病気で、壮年期から老年期に多く見られる代表的な目の病気のひとつです。
 

ドライアイ

IT時代は目を酷使する時代。どのようにしてドライアイになってしまうのでしょうか、どうしたら防げるのでしょうか?
 

緑内障

40歳以上の20人に1人は「緑内障」といわれており、知らないうちに病気が進みます。でも、早期発見・早期治療で進行を遅らせることができるのです。
 

乱視

縦方向と横方向でピントの合う位置が異なる目を「乱視」といいます。縦の線ははっきり見えるのに、横の線がぼんやり見える。モノが二重に見える。このような見え方がしたら、乱視かもしれません。乱視は屈折異常の一つで、近視や遠視と組み合わさっている場合もあります。

角膜障害

角膜障害は、起こる部位やその原因によってさまざまな種類に分けられます。ここでは部位別に説明します。
 

アレルギー性結膜炎

目の症状を軽くするための正しい対策。花粉症以外のアレルギーで起こる目の症状と対策についても解説します。
 

ウイルス性結膜炎

「はやり目」、「プール熱」。人から人へと感染する厄介な目の病気の種類とそれぞれの性質、そして注意点についても紹介します。
 

ものもらい

まぶたの一部が赤くはれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は俗に「ものもらい」といわれる目の病気のひとつです。